土岐商工会議所 コンタクト MAP ホーム

www を検索 tokicci.or.jp を検索
検定試験企業・就職情報会員企業紹介会員優待サービスリンクコーナー

美濃焼の歴史



岐阜県の美濃地方のやきもの歴史は、窯を築いて焼かれた7世紀の「須恵器」から始まり、平安時代、鎌倉時代、室町時代、そして、世界に誇る「桃山古陶」を作り出した桃山時代などを経て、現代まで続いている。その歴史のながさでは世界でも類を見ない窯業産地である。それでは、やきものの歴史の流れに従って見ていくことにする。
須恵器(すえき)
 やきものといえば、縄文式土器・弥生式土器・土師器などもこの美濃地方でも多く焼かれていた。これらは野焼で焼かれているため、1000度以下の焼成のものであり、脆いものである。
 窯を築き、1000度以上で焼成した丈夫なやきもの「須恵器」が美濃で生産されるのは7世紀からであり、須恵器を焼いた窯は、山の斜面に溝を掘り天井を作るか、地中に穴を掘って作った窯のため「窖窯(あながま)」と呼ばれている。
 須恵器は埋葬された人が死後食膳用として使用するために作られ、古墳に供えられたものであり、坏(つき)・高坏(たかつき)・横瓶(よこへい)・甕(かめ)などがある。

01.jpg
須恵器瓶

02.jpg
白瓷碗
白瓷(しらし)
 平安時代初期(9世紀)に愛知県の猿投窯から、須恵器と違って灰釉が刷毛塗りされたやきものを作る工人集団が美濃にやってきて、皿・碗・鉢・壷などが「窖窯」を使って焼き始められた。これらのやきものは「白瓷」と呼び、平安時代後期まで焼かれ、そして多くの人に使われるようになり、北海道を除くほぼ全国で使用されている。
山茶碗(やまちゃわん)
 平安時代の終わり頃になると、それまでの灰釉を塗ったものから無釉のやきものが作られるようになった。これは大量に生産されたため、一般の人も使用するようになった。窯は前と同じ「窖窯」で焼かれ、焼かれたものは碗と小皿が主体であり、碗の高台にはモミガラの痕(あと)があり、これは碗を重ねて焼くため、碗と碗が焼き付かないようにモミガラを利用している。このやきものの破片が山の窯跡に沢山散らばっているところから「山茶碗」と呼ばれ、鎌倉時代そして室町時代後期まで焼かれている。

03.jpg山茶碗

04.jpg
古瀬戸瓶子
古瀬戸(こせと)
 室町時代(15世紀)になると瀬戸工人の美濃移入により、美濃でも瀬戸で焼かれていた灰釉や鉄釉を掛けた新しいやきものが作り始められた。
 製品には、飲食器(碗・皿・鉢・水注)、調理具(おろし皿・擂鉢・片口・鍋・釜)、貯蔵容器(壷・瓶・瓷)、仏具(花器・香炉)、茶陶(天目茶碗・茶入・茶壷)などおおくの器種のものが作られていた。
 碗や皿などの小形の製品は厘鉢に詰められ、最上部に蓋をし、その上に壷や瓶をのせて焼かれている。これにより不良品を少なくし、窯内の空間を有効に利用することができるようになった。
黄瀬戸・瀬戸黒・志野
 15世紀末期ころに地下式の「窖窯」から、山の頂上近くの地上に「大窯」と呼ばれる単室の窯が築かれ、灰釉と鉄釉の新しいタイプの碗・皿・徳利・茶入・香炉・擂鉢などが焼かれるようになる。また、作られる数が少ないが「銅緑釉」の製品も焼かれた。
 16世紀中頃には、灰釉は改良されて焼き流れしにくい黄色をした釉薬の「黄瀬戸」が出来、線彫りや印花の文様が付けられ、緑色の「タンパン」が施されたものもある。
 また、焼き上がった窯の中より取り出して、急冷することにより黒くなる「瀬戸黒」が生まれた。その後、茶碗に歪みのある「織部黒」に変化して行く。
 そして、灰釉に長石を多く加えた「灰志野」が出来、続いて長石だけで作られた焼き流れしない釉薬の「志野」が出来上がった。このことにより、日本において初めて筆描きの文様付けが可能になり、鉄を使っていろいろの文様が描かれるようになった。
 これらのやきものは、室町時代の末期からのわび、さびの「茶の湯」の広がりにより、茶道具も盛んに作られている。
05.jpg
黄瀬戸向付
11.jpg
瀬戸黒茶碗高根山古窯土房跡

10.jpg
志野向付
06.jpg
織部向付
織部
 1610年頃、土岐市泉町久尻の元屋敷の斜面を利用した階段状の連房式登窯が築かれ、茶人であり武将であった古田織部の好みのやきものが効率よく焼かれた。
 この織部のやきものは、それまでにない形のものが作られ、文様も動物文・植物文・幾何学文・抽象文などいろいろ描かれている。
 そして、土、釉薬、絵具の組合わせにより、志野織部・黒織部・鳴海織部・赤織部・総織部・美濃伊賀・美濃唐津に分類されている。器種には、碗・皿・鉢・向付・水指・水注・水滴・香炉・徳利などがある。
御深井(おふけ)
 1630年頃になると、中国の青磁に似た御深井釉のやきものが焼かれ、文様描きにかわって、面取、刻線、丸ノミ彫、印花、などで飾られている。
 その後、御深井釉は焼き流れしないように改良され、文様も型紙を使って摺絵が行なわれるようになる。

07.jpg
御深井花形向付
13.jpg
鉄釉徳利
江戸時代中期以降のやきもの
 美濃のやきものは江戸時代中期になると、日常生活で使われる鉄釉や灰釉の碗・皿・徳利などの食器が大量に作られるようになる。
14.jpg
灰釉壷
08.jpg
鳳凰文すり絵長角皿
そして、江戸時代後期には、白くて堅い磁器が焼き始められ、文様描きも呉須(コバルト)を使って青い線で描かれるようになる。
 明治時代に入ると、大量生産の時代になり、文様付けの職人の不足が起こり、その対策として型紙を使った摺絵手法や銅板にエッチングする銅板手法が開発されていった。これ以後、美濃では生産性も上がり、全国的に販売されるようになった。
 昭和5年、荒川豊蔵氏の牟田洞窯における志野陶片の発見により、それまで桃山古陶は瀬戸で焼かれていたと思われていたが、美濃で焼かれていたことが確認された。それ以後、桃山古陶の「黄瀬戸」「志野」「織部」が再現され、生産されるようになった。そして今では、和食器の全国生産の60%以上を生産する大陶磁器生産地になった。
09.jpg
花鳥文銅版皿
美濃において、やきものをこのように息長く作ることが出来たのは、この地に原料である粘土が豊富にあり、その供給が容易であったからである。しかしこの限りある貴重な資源をいつまでも大切に使って行きたいものである。
(財)岐阜県陶磁資料館
学芸部長 河合竹彦
12.jpg
現代織部[河合竹彦]